FC2ブログ
プロフィール

 marimo

Author: marimo
まさか男児3人のママに(笑)
息子達の育児に日々奮闘中♪

今まで以上に節約生活頑張らないといけないわぁ~
美味しく楽しくのんびりと毎日を暮らしたいっ!!!
ベジタブルマイスターの「まりも」が綴ります

My baby♪
script*KT*

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ

仲良し兄弟~

最後のマタニティーライフですが・・・7カ月目突入っす
おなかもかなりデカくなり暑いし、息は上がるし、疲れやすいし、腰や尾てい骨痛いしで
やはり出産は出来るだけ若い方がいいんだろうね・・・・
周りのママでも2人目が欲しくてもなかなかできないって声もよく聞くんだよね~


NHKでたまたま「産みたいのに 産めない~卵子老化の衝撃~」って番組を見た。
不妊治療クリニックに、30代、40代の女性たちが次々と訪れて、
健康なのに、妊娠の可能性が低いと告げられるのだ。
原因は「卵子の老化」
女性の卵子は年齢とともに年を重ね、35歳の女性が出産できる可能性は
20歳代の半分になる。
しかし、多くの女性はこの事実を治療に来て初めて知るという。
晩婚化が進む現代、不妊は先進国共通の課題で日本は特異な状況にある。
不妊の検査や治療を受けたことのある夫婦は、6組に1組。
不妊治療専門のクリニックが世界一多く体外受精の実施数も世界一になっている。
女性の社会進出を進める一方で、いつ産むのかという視点を見過ごしてきた
日本のひずみが現れている。
「卵子の老化」による不妊をさらに深刻化させる一因は、男性側にもある。
不妊の原因の半分は男性側にあるが、夫が不妊の検査に行きたがらず、
やっと治療が始まった時には、妻の卵子が老化しているというケースが後を絶たない
専門家は「早くに気付いて治療すれば、自然妊娠が見込めるケースも多い」
と指摘する


こんな感じの内容でした~
決して、子供が全てではないとは思うけど、結婚したら欲しいって思ってる
人や、結婚しなくても子供だけは欲しいって思う人もいると思う。

ママ友でも、不妊治療で苦しんでる人もいて人工授精、体外受精しているが
なかなか上手くいかなくて精神的にも肉体的にも経済的にもしんどいようです。
助成金は出るようだけどね・・・
知り合いではなかなか授からず何回も治療を重ね1000万円かかっとか
その後大変な病気が見つかったとか・・・


我が家は思いがけずの3人目の妊娠ですがありがたいって
思わなきゃいけないなと考えさせられた・・・
3人の子育ての大変さの事しか考えてなかったので
3人も生まれる喜びって思わなくっちゃバチが当たっちゃうね



   DSC002710001_20120625235539.jpg
仲良し兄弟~~~
この下にもう1人増えちゃうし、カオクンもお兄ちゃんになっちゃうけど大丈夫かな?
最近ではマコリンは、少しはお兄ちゃんらしさも出てきたような・・・


   DSC002720001.jpg
   DSC002740001.jpg
   DSC002670001.jpg
木登りはカオクンのほうが上手みたい
マコリンはパパのサポートそこそこに頑張って必死に登ってたわ



いつぞやの晩ごはん
   DSC026490003.jpg


作り置きの卯の花を使って~
   DSC026510005.jpg
おからの肉団子


   DSC026520006.jpg
ささみの中華風和え物


   DSC026530007.jpg
塩昆布の漬物



さて、今日は何にしようかな?



~まりもです~
FC2ブログランキングに初★参加中!
励みの為にポチッと一押しお願いしまーす(^^♪

     ブルー矢印下

 

スポンサーサイト



カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる